キャッシングを他人に気付かれない裏ワザを教えます!

キャッシングでお金を借りる、法律に違反しているわけでもなく、道徳に反しているわけでもないので、
堂々とすればいいと思います。ただ、現実問題として、お金を借りるとなると、後ろめたさがあると思います。
昔聞いた落語にも、主人公が質屋に出入りする恥ずかしさを語った物語がありました。
そこで今回は、カードローン各社でお金を借りる際に、周りに気付かれないような裏ワザを考えたいと思います。

ウェブ申込、振り込み経由で借り入れをして、口座引き落としで返済をする

裏ワザと先ほど言いましたが、キャッシングに精通している人からすれば別に裏ワザでも何でもありません。
他人に気付かれないでお金を借りる方法はあるので、ご紹介したいと思います。

  • 1. ウェブ申込をする
  • 2. 自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう
  • 3. 返済時は、自分の銀行口座から引き落としてもらう

1:ウェブ申込をする

昔と違って、今は本当にお金を借りやすくなりました。その理由はインターネットの登場です。従来はカードローン各社の店舗まで足を運び、
カウンターでスタッフに口座開設をお願いするか、無人契約機を利用するしかありませんでした。
無人契約機と言っても、利用時は消費者金融の看板が大げさに立っている建物に入るので、かえってさつばつとした気持ちになった記憶があります。
しかし今は、インターネット申込ができます。極端な話、スマートホンでも契約が可能です。必要事項を入力し、書類の写しをデータで提出するだけで受付が完了の会社もあります。
周りから見れば、スマートホンを触っているようにしか見えません。

2:自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう

従来は、カードローン各社の利用カードを受け取り、直営のATMかコンビニATMに出向いて現金の引き出しをしなければなりませんでした。
もちろんコンビニATMであれば、周りから見れば、お金を借りているのか、キャッシングをしているのか分からないかもしれません。
しかし、ATMで後ろに並ばれたりすると、すごく緊張するのです。自分がお金を借りているその作業を、後ろからのぞかれているような気がして、すごく嫌な気分になります。
また、利用した直後、ATMの画面に消費者金融のモニターが残っていると、入れ替わりで次に利用した人に知られてしまいます。別に見知らぬ人なので構いませんが、心理的には嫌な感じでした。
今は違います。例えば自分の銀行口座に、カードローン会社から直接借入金を振り込んでもらえるのです。現金化する場合は、銀行ATMから引き出すだけです。自分のお金を引き出しているようにしか見えません。

3:返済時は、自分の銀行口座から引き落としてもらう

昔は、返済時も一苦労でした。カードローンの直営店などに出向いて、ATMに直接お金を入れなければいけない時代もありました。当然、店舗への出入りで周辺の人に見られてしまいます。
しかし、今は自分の銀行口座から引き落としも可能です。また、ネット振込みで返済も可能です。極端な話、スマートホンで契約をして、スマートホン操作で返済も可能なのです。

誰にも知られず借りて、お金を返す

現在のキャッシングは、第三者に知られてしまうような心配がほとんどありません。明細が自宅に届く心配もありません。契約時には職場などに在籍確認の電話が入りますが、その辺りは上手くやってくれます。
自分で明かさない限り、家族にも知られる心配は少ないです。上手に利用して、ピンチを脱出する道具にしてみるといいかもしれません。