第三者の意見とても重要なんではなかろうか

僕もそうでしたが、キャッシングを初めて利用しようとするときは、インターネット上にある口コミサイト、比較サイトを参考にすると思います。
ただ、いろいろな口コミがあり過ぎて、何を参考にすればいいのか分からなくなってしまい、結局はネームバリューで決めてしまったりすると思います。
ただ、知名度が必ずしもその会社の実力を表すとは限りません。そこで今回は各種口コミサイトでどんな情報を拾うべきか、考えてみたいと思います。

人の振り見てわが振り直せ

結論から言いますが、口コミサイトでは「融資に成功できた」という話ではなく、「融資の失敗談」を細かくチェックしてください。
冒頭に掲載したお勧めカードローン会社であれば、失敗はありません。社会人なら普通は即日融資も可能
です。もはや、
「借りやすい」
「即日融資できました!」

などの口コミは、それほどの意味がないのです。逆に、融資を断られたと、融資に失敗したという口コミを丁寧に拾い、
なぜその人が失敗したかを参考にした方がいい
です。
「こうしたら、こういう条件になったら失敗する」
という点を学んでください。融資を断られるルールさえ学べばもう安心です。

会社を名指しした批判は、それほど当てにならない

自慢では無いですが、カードローンの経歴に関して僕はエリートです。だからこそ断言できますが、カードローン各社を名指し批判している口コミは、それほどあてになりません。
融資を断られた人は、基本的に融資を断ってきた会社にマイナスの感情を持つのです。僕もそうでした。なんだかんだ難癖を付けて、マイナスの感情を口コミサイトに書いているだけです。
必ずしも、その批判が当たっているとは限りません。逆になぜその人が融資を断られたのか、批判の裏側にある融資不可の理由を考えてみるといいかもしれません。

とにかく嘘は付かない

僕が口コミサイトから学んだ教えは、嘘を付いたら一発で融資不可になるという厳しい現実です。
契約の段階で自分の年収や、他社からの借り入れ総額を良く見せようとして、思わず嘘を付いて申告をしてしまいがちです。
しかし、嘘を付くと、すぐにばれます。相手も審査のプロなので、われわれの情報は丸裸にできると思っておいた方がいいです。
その審査の過程で嘘が次々と出てくるとアウトです。
とにかく嘘は付かない、頭に入れておくといいかもしれませんね。