カードローンで収入証明は本当に必要なの?

キャッシングはそもそも、自分の将来の収入を担保にお金を借りるシステムになっています。当然、収入があるという証明書の提出が求められると思いますが、実際はどうなのでしょうか?
収入を証明する書類となると、給与明細や源泉徴収票になりますが、今すぐその両方がどこにあるのか思い出せる人は、むしろ少数なのではありませんか?
「即日融資をお願いしたい」
など、とにかく急いでお金を借りたい人からすれば、会社や仕事先にお願いして収入証明を出してもらう時間的ゆとりも無いはずです。
そこで今回は、収入証明が無くてもお金を借りられる条件を考えてみたいと思います。

借入金が50万円未満、他社との借り入れ合計が100万円以下の場合は収入証明が不要になる

結論を先に言いますが、 「① 新たに申し込む借り入れの金額が50万円未満の場合」
「② 他社との借り入れ合計額が100万円を超えない場合」
収入証明の提出は不要になります。不安な場合は、僕が冒頭で一覧にしたお勧めカードローン会社の公式ホームページでチェックしてみてください。
ちなみに、重要なポイントとして、銀行からの借り入れは、②の合計金額からは除外されると覚えておいてください。

ケーススタディー1

例えばこのような人が居たとします。

田中さん 年収350万円
・ 都市銀行のフリーローンで60万円を借り入れ済み
・ カードローン会社Aで、30万円の借り入れ済み
・ 今回新たにカードローン会社Bで、30万円の借り入れ希望

この田中さんは、B社から30万円を借りる際に、収入を証明する書類の提出必要になると思いますか? 答えは、ノーです。B社に収入証明書を提出する必要はありません。
既に田中さんは合計90万円の借り入れがあります。さらにB社から30万円を借りようとすると、借り入れの総額が120万円になります。一見すると収入証明の提出が必要になるように思えます。
しかし、銀行からの借り入れは除外されるので、借り入れ総額はA社の30万円と、新たに借りるB社の30万円、合計60万円という計算になります。
「①新たに申し込む借り入れの金額が50万円未満の場合、②さらに他社との借り入れの合計額が100万円を超えない場合」
という条件から考えると、①も②も引っ掛からないので、収入証明を新たに提出する必要が無いのです。

給与明細と源泉徴収票は、この先は念のため残しておく

少し複雑かもしれませんが、特に即日融資を考える人からすると、上述の計算は非常に重要になってきます。
できれば毎月の給与明細は保管しておいて、1年に1回もらえる源泉徴収票も残しておきましょう。
借り入れ金額の合計が100万円を超えてしまったときに役に立ちます。覚えておいてくださいね。