新規借り入れではここをチェックしてます

既にどこかのカードローン会社から借り入れがあるとします。その状態でさらに別の会社からお金を借りようとすれば、それなりに気にしなければいけない点が出てきます。総量規制の問題です。どこかで耳にした覚えがあるかもしれません。
そこで今回は、借入残高が既に膨らんでいる状態で、新しくキャッシングする際の注意点を考えたいと思います。

借り入れの総額が、年収の3分の1以上になるとNG

大まかな結論から先に言いますが、現在の借り入れの額と、これから新しく借りようと思う額の合計が、年収の3分の1以上になる場合、融資は認めてもらえません。
冒頭に掲載したお勧めカードローン会社のどこにお願いしても、答えは一緒です。融資は不可になります。
なぜでしょうか?
その理由は、新しい貸金業法が平成22年に実行され、年収の3分の1を超えるお金はカードローン各社から借りられなくなってしまったからです。
そのルールを総量規制と言います。借り入れの総量、総額を規制しようという決まりですね。

銀行からの借り入れは除外する

例えば年収300万円の人が居れば、最大で借り入れできる金額は100万円になります。
現状で70万円の借り入れがあり、その上でさらに40万円の融資をお願いした場合、総額が100万円を超えてしまうので残念ながら融資は断られてしまいます。
ただ、銀行からの借り入れは除外されます。例えば住宅ローンや自動車ローン、学資ローンを組んでいる人は、簡単に年収の3分の1以上の借り入れになってしまいます。
フリーローンでも一緒です。とにかく銀行から借り入れているお金は、計算から抜いてください。
先の例で言えば、現状で借り入れしている70万円のうち、50万円が銀行から借り入れているフリーローンだとします。残りの20万円がカードローン会社からの借り入れだとしましょう。
すると、現状の借り入れ総額は20万円という計算になります。新しく別のカードローン会社で借り入れを40万円しても、総額は60万円の計算になります。
年収が300万であれば100万円までは借りられるので、融資成立する可能性が極めて高いです。

新規の融資を希望する場合は、年収と自分の借り入れの総残高を改めてチェックしてみる

これから新規で融資を希望する人は、改めて自分の年収と、現状の借り入れの総残高をチェックしてください。
新規の希望額とプラスして、借り入れの総残高が年収の3分の1以内であれば、融資は可能性が高いです。
冒頭には、さまざまな視点から総合的に比較したカードローン会社の一覧も掲載してあります。その中の会社であれば間違いはないので、総量規制で融資ストップになっていない方は、ぜひとも参考にしてください。

「キャッシングのポイントまとめ」
・ 年収の3分の1以上のお金は、借りられない
・ 銀行からの借り入れは、総量規制の対象にならない
・ 法律が改正され、カードローン各社は全て、総量規制の対象になった