やっぱり勤務先や家族に融資前、電話が入るって本当なの?

今から借り入れをお願いしようと思っている人の中には、カードローン各社に提出する書類が気になる方も居ると思います。
各社の公式ホームページをチェックしても、説明がややこしくて面倒な印象がありますよね?
そこで今回は、キャッシング経験の豊富な僕が、審査に必要な書類をまとめてみたいと思います。

仕事場への在籍確認電話は確実に掛かってくる

結論から先に言いますが、仕事場への在籍確認の電話は、例外なく掛かってきます。カードローン各社は、融資希望者の収入を担保にお金を貸し出すので、現在しっかりと働いて一定の収入を得ているのか、しっかりと調べます。
その審査の一環で、職場には電話が掛かってくると思っていてください。ただ、カードローン各社の名前を名乗らずに、
「川島ですが、○○(融資希望者の名前)さん居ますか?」
といった感じで、個人名で電話を入れてくれます。勘のいい上司や同僚でなければ、気付かれる心配はほとんどありません。安心してください。
一方で、家庭に関していえば、僕の経験上で言えば、確認の電話が掛かってきた試しがありません。通常、審査担当者は住宅地図や衛星写真で、融資希望者から申告のあった住所をチェックし、名義通りの住宅がその場所にあるか、アパートやマンションがちゃんと建っているかをチェックします。
しかし、電話を掛けて、家族が出るまで何度も確認まではしないようです。最近はとにかく各社とも、審査のスピードを重視しているようです。個人情報のチェック段階で、申告と異なる偽りの情報が出てきた場合など以外では、家庭への確認電話は職場ほど厳密ではないと考えてもいいのかもしれません(ただしここは正直、未確認です。すみません)。

派遣社員は職場の在籍確認電話に要注意

ちなみに、派遣社員で工場勤務などをしている場合は、派遣業者ではなく、現時点で労働をしている工場に在籍確認の電話が入ります。
例えば大きな旋盤工場で、大勢の非正規労働者の1人として働いている場合は、そのむねをカードローン会社の担当者に伝えてください。
一方で自分の作業場所に近い、直通の電話番号を聞いておいて、現場監督などにも一言声を掛けておくと安心です。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、
「今度、お金を借りようと思っていて、在籍確認電話が入ると思います。ご面倒ですが、ご対応をいただけると幸いです」
と、お願いしておきましょう。さらにその現場監督の名前を、カードローン会社の方に伝えておけば完璧です。

「キャッシングのポイントまとめ」
・ 職場への在籍確認の電話は絶対に掛かってくる
・ 確認電話では、カードローン会社の名前は伏せてもらえる
・ 派遣社員の場合は、自分の配属先の直通電話番号をカードローン会社に伝えておく