万が一ってい言う時はどうすればいいのか

「ご利用は計画的に」 カードローン各社が広告に決まって掲載する言葉です。確かに計画的に利用しないと、キャッシングで大変な目に遭う人もまれに居るので注意しなければいけません。 今がどれだけ安定しているように思えても、勤め先が倒産して返済が遅れそうになるといった可能性は、誰の人生でも否定はできません。そこで今回は、万が一キャッシングの返済が遅れそうになったときの対処法をお教えしたいと思います。

返済に遅れそうになったら、とにかく電話を入れる

返済に遅れそうになったら、とにかくカードローン会社に電話を入れてください。嫌だと思います。僕もすごく嫌でした。どうせいい返事はもらえないので、電話など掛けたくはないというお気持ち、すごく理解できます。実際に電話を掛けても案の定、 「何とかしてください」 と言われるだけです。それでも、掛けるのです。正直に返済が遅れそうだと告白しないと、大変なリスクがあります。借り入れの残高を、一括で返済せよと突然命じられる危険性があるのです。 この点、非常に重要です。月々の支払いが厳しいのに、総額を返済せよと命じられたらアウトです。

期限の利益損失とは?

既に残高がある方は、キャッシングを契約する際に、物すごく細かい字が並んだ契約書にサインをしたと思います。キャッシングに契約する人は、たいていの場合、急いでお金を借りたいと思っているので、たいして目を通さずに契約をしてしまうと思います。 僕もそうでした。特に冒頭の一覧で掲載したような大手の場合、安心感もあるのでつい契約書に目を通さずに契約してしまいます。 しかし、今お手元に契約書がある場合は、引っ張り出してきて「期限の利益損失」という言葉を探してみてください。必ず契約書に書かれているはずです。 期限の利益損失とは簡単に言えば、分割やリボ払いでの返済権利を失うという意味です。つまり、一括返済を求められるという意味です。 通常は借り入れの際に、分割やリボ払いでの返済権利があるのですが、一度でも支払いに遅れると、一括で返済しなければいけないという決まりが契約書にはいつのまにか書かれているのです。 契約書にサインをした以上は、ルールに従わなければいけません。もちろん僕の経験上、1回返済が遅れたからといって、すぐに全額の支払いを命じられるようなケースはありませんでした。 しかし、無断で何カ月も逃げ回っているような人は、一括返済を求められても仕方ありません。2カ月以上、何も連絡せずに返済に遅れると危ないと聞いた覚えもあります。 キャッシング会社との信頼関係が重要です。返済が遅れそうなときは、正直に電話で報告を入れておくべきなのです。

確実に返済できそうな日を伝える

電話では何を伝えればいいのでしょうか? まず、返済に遅れる可能性を報告し、素直に謝ってください。キャッシング会社のオペレーターは、期日までの返済を求めてくるはずです。向こうも仕事なので仕方がありません。 しかし、空返事は禁物です。正直に無理だと伝え、何日までなら大丈夫だと伝えてください。遅延金を含めた金額を支払う必要が出てきますが、一括返済を要求されるよりはまだいいです。 本当にどうしようもないときは、足が重いでしょうが、カードローン各社の窓口に直接足を運ぶ手もあります。向こうも返済をしてもらいたいのですから、何らかの対処法を提案してくれるはずです。 とにかく逃げる、黙る、電話に出ないなどの対応は事態を悪化させるだけなので、十分に注意してください。

「キャッシングのポイントまとめ」
・ 返済に遅れそうな場合は正直に連絡を入れる
・ 返済に遅れ続けると、一括で借入残高を支払うように命じられてしまう
・ 最終的には、カードローン各社の窓口に相談する方法もある